今週の一句
青き空 燃える大地の 曼殊沙華

―もとゐ―


 2021年10月24日(日)
 年間第30主日

 マルコによる福音書10章46節-52節

10,46 イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。
10,47 ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と言い始めた。
10,48 多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。
10,49 イエスは立ち止まって、「あの男を呼んで来なさい」と言われた。人々は盲人を呼んで言った。「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。」
10,50 盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。
10,51 イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。
10,52 そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。

 今回の盲人バルティマイオスへの癒しは「万人の最後の者、万人に仕えよ」の具体例を示している。

 イエスは弟子たちを十字架への道、上記の言葉に招かれた。エリコの町へイエスについて行った弟子たちが目にしたものは、道端で物乞いしているバルティマイオスの叫び声であった。イエスの再三の招きにもかかわらず、弟子たちには聞こえず、ただただ、うるさい邪魔な声でしかなかった。まさに、弟子たちにはバルティマイオスを関わる価値のない万人の最後の者、最底辺の落伍者としか見なかったのだ。

 他方、イエスには神の大事にされる、自分と同じ「神の子」であり、その彼が何重の苦しみの中で生きたい、幸いになりたいと叫んでいる仲間であった。バルティマイオスの「生まれ変わりたい」の叫びにイエスは応えた。それは、奇跡でなく、バルティマイオス自身の立ち上がりに声を掛けただけであった。『あなたの信頼があなたを救った』。イエスの「仕えよ」とは、イエス※1同様、富も力もない「最後の者」には施しや奇跡を行えない。ただ、当事者の声を受け止め、背中を押し、見守り、じれったいことしかできなくても良いとイエスは励ましているのではないか。


戻る


ももちゃんの一分間説教バックナンバー

ももちゃんの一分間説教No.7、8販売のご案内


戻る