ももちゃんの一分間説教



今週の一句
競い合い チョコと海苔巻き 節分かな

―もとゐ―


 2019年2月3日(日)
 年間第4主日

 ルカによる福音書4章21節-30節

4,21 〔そのとき、ナザレの会堂で預言者イザヤの書を読まれた。〕イエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。
4,22 皆はイエスをほめ、その口から出る恵み深い言葉に驚いて言った。「この人はヨセフの子ではないか。」
4,23 イエスは言われた。「きっと、あなたがたは、『医者よ、自分自身を治せ』ということわざを引いて、『カファルナウムでいろいろなことをしたと聞いたが、郷里のここでもしてくれ』と言うにちがいない。」
4,24 そして、言われた。「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ。
4,25 確かに言っておく。エリヤの時代に三年六か月の間、雨が降らず、その地方一帯に大飢饉が起こったとき、イスラエルには多くのやもめがいたが、
4,26 エリヤはその中のだれのもとにも遣わされないで、シドン地方のサレプタのやもめのもとにだけ遣わされた。
4,27 また、預言者エリシャの時代に、イスラエルには重い皮膚病を患っている人が多くいたが、シリア人ナアマンのほかはだれも清くされなかった。」
4,28 これを聞いた会堂内の人々は皆憤慨し、
4,29 総立ちになって、イエスを町の外へ追い出し、町が建っている山の崖まで連れて行き、突き落とそうとした。
4,30 しかし、イエスは人々の間を通り抜けて立ち去られた。

 ルカはイエスの神の国宣教が同朋であるユダヤ人には受け入れられず、異邦人に受け入れられたと考えた。従って、今日の箇所の郷里からイエスが拒否されたとは、それを意味していると思われる。

 イエスの神の国宣教は、「貧しい者への福音」と呼ばれるように、ガリラヤの重税と律法に押し潰された人たちが立ち上がり(解放され)、自己の夢が実現し、人生が幸いに、その意味で神の国に生きられるよう働きかけるものであった。それは、熱心なユダヤ教徒(郷里の人たち)にとっては到底受け入れられなかった。彼らは律法に熱心な自分たちにこそ神の国が来ると思っていたのだ。

 それに反し、イエスはよりによって、彼らから律法を守らない故に「罪人」とされ、神の国から締め出されるはずのガリラヤの貧しい人々に「神の国」があると言うのだから、我慢ならなかったのだ。(「ヨセフの子ではないか」)しかし、古代イスラエルの人々が神と契約した、「神の前では誰もが平等だ」を追求すること、出エジプトの目的に他ならなかった。イエスは神の言葉を守り、それを徹底して守ったのであった。熱心なユダヤ教徒らは神との契約を忘れ、困窮する同朋を見棄てていたのだ。現代の教会もイエスを追放しているかもしれない。 
今週の一句
恵方巻 つい手を伸ばす 二割引き

―もとゐ―


 2019年2月10日(日)
 年間第5主日

 ルカによる福音書5章1節-11節

5,1 イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来た。
5,2 イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。
5,3 そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められた。
5,4 話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われた。
5,5 シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。
5,6 そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。
5,7 そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。
5,8 これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。
5,9 とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからである。
5,10 シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」
5,11 そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。

 イエスは貧しい者への福音宣教に仲間を集めた。それは、ヘブライの人々が神ヤーウエの名のもとに、新しい共同体を始めたように、と言うのは、その共同体の成員が互いに神の言葉を忠実に守ることによって成り立つ共同体になるのだから。

 イエスのその福音が神に受け入れられるためには、神の恵みにより与えられるのではなく、参加した人々が創り上げるしかないのだ。それ故、福音宣教は旅に例えられる。

 イエスはその旅の仲間を集めるにあたって、その人の個性、能力を尊重した。ペテロのように「漁師」としての彼の能力、経験を大切にし、さらに、それをより高い理想へと伸ばそうとされた。「人をとる漁師にしよう」と。私たちもイエスの招きがある。しかし、はじめには、特別な才能は必要なくありのままで呼ばれる。もちろん、その後の成長、努力は必要となる。


戻る