ももちゃんの一分間説教



今週の一句
冬の夜 地球の丸呑み 皆既月食

―もとゐ―


 2018年2月4日(日)
 年間第5主日

 マルコによる福音書1章29節-39節

1,29 〔そのとき、イエスは〕会堂を出て、シモンとアンデレの家に行った。ヤコブとヨハネも一緒であった。
1,30 シモンのしゅうとめが熱を出して寝ていたので、人々は早速、彼女のことをイエスに話した。
1,31 イエスがそばに行き、手を取って起こされると、熱は去り、彼女は一同をもてなした。
1,32 夕方になって日が沈むと、人々は、病人や悪霊に取りつかれた者を皆、イエスのもとに連れて来た。
1,33 町中の人が、戸口に集まった。
1,34 イエスは、いろいろな病気にかかっている大勢の人たちをいやし、また、多くの悪霊を追い出して、悪霊にものを言うことをお許しにならなかった。悪霊はイエスを知っていたからである。
1,35 朝早くまだ暗いうちに、イエスは起きて、人里離れた所へ出て行き、そこで祈っておられた。
1,36 シモンとその仲間はイエスの後を追い、
1,37 見つけると、「みんなが捜しています」と言った。
1,38 イエスは言われた。「近くのほかの町や村へ行こう。そこでも、わたしは宣教する。そのためにわたしは出て来たのである。」
1,39 そして、ガリラヤ中の会堂に行き、宣教し、悪霊を追い出された。

 ガリラヤ地方には病人が大勢いた。極貧ゆえの飢えからくる病であり、極度の恐怖からの精神的病であった。貧しいため、医者にはかかれなかった。当然、民間療法士に頼る他なかった。

 イエスは彼・彼女たちの求めに応じざるを得なかった。イエスの誠実な振る舞いに神の働きを認めた人々は、イエスの力ある業を広めたのだろう。噂を聞いてひっきりなしに多くの病人たちが押し寄せて来たのだろう。

 イエスはご自分の使命を貧しい病人たちの願いに応えることであると思ったのだ。それは、神・主(ヤーウェ)がエジプトでの奴隷状態に泣き叫んでいたヘブライの人々を、解放に導いたことを学んでいたからだ。イエスに続く教会の使命が重荷を負った人たち、疲れた人たちの荷を軽くすることをイエスから学びたい。


戻る