ももちゃんの一分間説教



今週の一句
餅つきの 掛け声高き 大晦日

―もとゐ―


 2018年1月1日(土)
 神の母聖マリア

 ルカによる福音書2章16節-21節

2,16 〔そのとき、羊飼いたちは〕そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
2,17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
2,18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
2,19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
2,20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。
2,21 八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。

 羊飼いらは天使の告げたこと「あなたがたのために救い主が生まれた」が本当か確かめにベツレヘムに行った。マリアは天使ガブリエルのお告げが確かに実現したことを出産によって知った。このように、クリスマスの物語は、神の人への呼び掛けが、つまり、人間の生き方への指針に従うとき、幸いになる、と言う旧約以来の人間の在り方を画いている。新しい年の幕開けに、一人一人が大切にされるよう、あらためて、どう歩むべきか、神からの言葉を聴き、考え、識別し、進むことを決意したい。 
今週の一句
ミサ祝い 囲む孫たち 初雑煮

―もとゐ―


 2018年1月7日(日)
 主の公現

 マタイによる福音書2章1節-12節

2,1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、
2,2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」
2,3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。
2,4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。
2,5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
2,6 『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
2,7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。
2,8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。
2,9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。
2,10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
2,11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
2,12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

 今日の、占星術の学者らの幼子キリストの来訪は、マタイ福音書最終章の世界宣教への派遣の先取りの物語だ。つまり、キリストは全世界の「主」になる、と。さて、ルカとマタイのクリスマス物語は、人間の本来の生き方を示している。人の生は神の呼び掛けに応えることだ。たとえ、理不尽なことに思えたとしても。

 ヨゼフは婚前まえに孕んだマリアを受け入れた。マリアは不幸な出来事を神の計画と受け入れた。羊飼いたちは、馬鹿げた天使のお告げを、躊躇いながらも受け入れた。占星術の学者たちは、この世の権力者ヘロデにではなく、命の危険にもかかわらず神の声に従った。イエスは最後まで神のみ旨を果たそうとされた。この世的には、認められない、不幸な生であるかもしれないが、神の声を聴き従う生に、幸いある、と言うのが聖書の信仰だ。


戻る