今週の一句
温もりや のどけき車中 外は風

―もとゐ―


 2021年3月7日(日)
 四旬節第3主日

 ヨハネによる福音書2章13節-25節

2,13 ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。
2,14 そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。
2,15 イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、
2,16 鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」
2,17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。
2,18 ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。
2,19 イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」
2,20 それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。
2,21 イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。
2,22 イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。
2,23 イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。
2,24 しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、
2,25 人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。

 今回はイエスの神殿清めの話しだ。共観福音書ではエルサレム入城直後に記されているが、ヨハネでは宣教早々に置かれている。しかし、共通しているのは、この神殿清めがイエスの神の国運動がエリヤのような神に背く支配者への批判ゆえに、受難に向かわざるを得ないことだ。

 イエスにとって、貧しいガリラヤの人たちが食べられるようになり、人として大切にされるには、その元凶であるエルサレムの支配者たちの回心であった。まさに、エルサレム神殿は支配者たちの権力の象徴であった。ガリラヤの人たちを搾取(重税の徴取)し差別(「罪人」呼ばわりする)する機能を持ったところだ。

 元来、旧約聖書では「神殿」批判が繰り返されている。例えば、エレミヤは次のように言う「主を礼拝するために、神殿の門を入って行くユダのの人々よ、皆、主の言葉を聞け。イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。お前たちの道と行いを正せ。そうすれば、お前たちをこの所に住まわせる。主の神殿、主の神殿という、むなしい言葉に依り頼んではならない。…しかし見よ、お前たちはこのむなしい言葉に依り頼んでいるが、それは救う力を持たない。盗み、殺し、姦淫し、偽って誓い、バアルに香をたき、知ることのなかった異教の神々に従いながら、わたしの名によって呼ばれるこの神殿に来てわたしの前に立ち、『救われた』と言うのか。お前たちはあらゆる忌むべきことをしているではないか。わたしの名によって呼ばれるこの神殿は、お前たちの目に強盗の巣窟と見えるのか。そのとおり。わたしにもそう見える、と主は言われる。」(エレミヤ)7・2-11)

 エレミヤにとって、神殿で行われていることは神の名を利用した、弱者からの搾取であり、差別、即ち、でしかなかった、それ故、その神殿に依り頼んでも、「救われ」ないとエレミヤは神のことばを伝えたのであった。しかし、エレミヤの忠告にもかかわらず、回心せず、神にではなく神殿に頼ったユダ国はバビロニア帝国によって滅ぼされたのであった。

 イエスにとって、エルサレムの第二神殿はエレミヤと同様に見えたのであった。そして、同様に、壊れる、空しい神殿ではなく、永遠の確かな神のことば、即ち、「ことば、ロゴス」であるイエスに聴き従うようにエルサレムの支配者たちに回心を求めたのであった。

ももちゃんの一分間説教バックナンバー

ももちゃんの一分間説教No.7、8販売のご案内


戻る