今週の一句
山腹や ここ掘れワンワン 楠若葉

―もとゐ―


 2020年5月31日(日)
 聖霊降臨の主日

 ヨハネによる福音書20章19-23節

20,19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。
20,20 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。
20,21 イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」
20,22 そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。
20,23 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」

 福音書では、イエスの復活とは弟子たちの新生、第二の創造のこと。暗黒に光が射し、すべてが明るみになったように、また、イエスの息吹を受けて瀕死の弟子たちが息を吹き返したごとくだ。使徒言行録では激しい風が吹き火のような舌が弟子たちに降りたと描写して、第一の創世記の天地創造を連想させる。

 つまり、神の創造とは混沌の世界、神話で説明されたおどろおどろしい世界をことば、理性で意味、意義を説明し「分かる」ようにしたこと、無秩序ではなく秩序のある世界であることを示し、人間の使命を明らかにしたことと言われる。同じく、イエスの十字架刑死に至る生き様が何であるかの暗黒にいた弟子たちが聖霊と(舌)言葉、理性により合点し、神の人を大事にされることへ十字架の道を歩き始めたのだ。

ももちゃんの一分間説教バックナンバー

ももちゃんの一分間説教No.7、8販売のご案内


戻る