今週の一句
野辺行けば ひかりこぼれり 雨水かな

―もとゐ―


 2020年2月23日(日)
 年間第7主日

 マタイによる福音書5章38節-48節

5,38 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。
5,39 しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。
5,40 あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい。
5,41 だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。
5,42 求める者には与えなさい。あなたから借りようとする者に、背を向けてはならない。」
5,43 「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。
5,44 しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。
5,45 あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。
5,46 自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあろうか。徴税人でも、同じことをしているではないか。
5,47 自分の兄弟にだけ挨拶したところで、どんな優れたことをしたことになろうか。異邦人でさえ、同じことをしているではないか。
5,48 だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」

 イエスは自身の運動へ人々を呼ばれた。イエスの言動に魅力を感じて集まって来た人々を前に、今から始まる運動の目標を語った。ガリラヤの貧しい人々が「永遠の命」つまり、いつでも明るく活き活きと生きられる(山浦訳)ようになることであった。

 何故なら、神ヤーウエの遺志は「だれもが大事にされる」ことであったから、イエスは不当に扱われているガリラヤの人々を前に、そうなるよう生きることを決意したのだ。その運動へ人たちを招かれた。ガリラヤの人々の苦難は重税と律法、即ち、政治・経済・宗教体制から来ていたので、まず、イエスはユダヤ人の基本的生き方である神との契約。律法に従う生き方を真福八端で示された。それは、神が「聖」であるから人も「聖」になるよう招かれたのだ(レビ記19章)。

 「聖」とは神がヘブライの民を導き、土地と生活を与えられたことへの感謝として神に応えることなのだ。古代オリエントの世界では人は絶対君主である王の奴隷として服従する限りでしか生命と暮らしを与えられる不平等の世界であった。に比べ、ヤーウエ神は無償で与えられたのだと、難民として排除されていたヘブライの人々は確信した。従って、ヘブライの彼らは弱い立場の人たち、寄留者、孤児、寡婦への配慮を神の律法として守り、誰もが大事にされる社会を創ることを神への応答「聖」であると神と契約したのだ。それ故、律法遵守は第一に神の恵みを得たことへの応答であり、イエス時代のユダヤ教指導者たちの偏った解釈の自己を誇り、他者と競い、裁くためではない。

 イエスは言う、そもそも、律法、即ち、生き方の指針は自己の弱さを知り、互いに、認め合い、ゆるし合い、助け合って高邁な理想を実現するためにある、と。「心の中で兄弟を憎んではならない。…自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」(レビ19、17-18)ましてや、「敵を愛せよ」とのイエスの勧めはイエス運動の目標であり究極の課題だ。しかし、神と契約した人が生涯の目標、課題としてイエス運動について行くよう呼ばれている。

ももちゃんの一分間説教バックナンバー

ももちゃんの一分間説教No.7、8販売のご案内


戻る