今週の一句
落日や 万物眩しき 紅葉山

―もとゐ―


 2020年11月22日(日)
 王であるキリスト

 マタイによる福音書25章31-46節

25,31 「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。
25,32 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、
25,33 羊を右に、山羊を左に置く。
25,34 そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。
25,35 お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、
25,36 裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』
25,37 すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。
25,38 いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。
25,39 いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』
25,40 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』
25,41 それから、王は左側にいる人たちにも言う。『呪われた者ども、わたしから離れ去り、悪魔とその手下のために用意してある永遠の火に入れ。
25,42 お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせず、のどが渇いたときに飲ませず、
25,43 旅をしていたときに宿を貸さず、裸のときに着せず、病気のとき、牢にいたときに、訪ねてくれなかったからだ。』
25,44 すると、彼らも答える。『主よ、いつわたしたちは、あなたが飢えたり、渇いたり、旅をしたり、裸であったり、病気であったり、牢におられたりするのを見て、お世話をしなかったでしょうか。』
25,45 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。この最も小さい者の一人にしなかったのは、わたしにしてくれなかったことなのである。』
25,46 こうして、この者どもは永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命にあずかるのである。」

 前三回の譬では、終末の裁きへの備えを勧めていた。今回は、いよいよ裁きの譬となっている。これも、イエスが語ったよりもマタイの神学ではないかと思う。

 マタイはイエスを旧約、律法の完成者と見ている。それは、イエスが神との契約に忠実に生き、なかでも、律法の根本を「いけにえではなく憐み」(マタイ9・13)と訴え、小さくされた者、罪人、遊女、徴税人を「自分と同じように大事」にされたことからだ。そして、イエスに従う弟子たちに「心の貧しき者」になれと、神のことばに忠実に生きるよう勧めた。

 「わたしに向かって『主よ、主よ』と言う者が皆、の天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。」(マタイ7・21)『主よ、主よ』とは祈りや祭儀を行うことではなく、御心、すなわち「人を大事にすること」が弟子の本領だと言う。

 従って、今回の譬の裁きの基準となる。しかも、「人を大事にする」ことは、特別なことではなく、当然のこと、自然の行為と思われている。「いつ、…したでしょうか」(マタイ25・37-40)。これは、前回の「今」出会った人への出来る限りの関わり、と同じではないか。その意味でも、「終末」は「今」である。その都度、神から問われている「今、あなたは何をしたのか」と。

ももちゃんの一分間説教バックナンバー

ももちゃんの一分間説教No.7、8販売のご案内


戻る